毎日実践できる!美容に良い食べもの三つをご紹介

納豆で肌をつるつるに!

納豆には納豆でしかとることのできない成分があります。すなわち「ナットウキナーゼ」。ナットウキナーゼは、納豆のねばねばに含まれている成分で、タンパク質分解酵素です。ナットウキナーゼは血栓を溶解し、血液をサラサラにしてくれます。また、納豆にはお肌の大敵である便秘を解消する食物繊維がたくさん含まれています。
ビタミンB1、B2も豊富です。酵素を活性化させて、疲労を回復する効果があります。代謝も活発になるので、肌にもよい影響があります。
卵の黄身と一緒に食べたら、より美容的です。

栄養満点・美容にも効果てきめんの甘酒!

甘酒の成分は、酒かすで作った場合と、米麹から作った場合で違います。どちらも栄養満点ですが、米麹から作ったほうが砂糖を使わないのでより美容向けだといえます。
甘酒にはビタミンB群、オリゴ糖など、美容に効果的な成分が豊富に含まれています。ビタミンB群は髪や肌の栄養分になり、綺麗に保つのに必要なものです。オリゴ糖は、腸内環境を整えてくれます。人間の体を形成するのに必要不可欠な、タンパク質をつくるためのアミノ酸も豊富です。

おやつをバナナに変えるだけ!

バナナは栄養満点な果物です。そのうえ低カロリーなので、ダイエット中でも栄養摂取できる、美容に嬉しい果物です。
貧血防止となる葉酸はピーマン約三個分にもなります。ストレスの緩和によいポリフェノールは板チョコ一枚分になりますので、おやつでチョコレートを食べている人は、バナナに変えれば低カロリーでポリフェノールの摂取が可能です。

品川美容外科の死亡について詳しく

You may also like...