飲む日焼け止めって一体どんな効果があるの?

飲む日焼け止めの効果について

日焼け止めと言えば肌に塗るものですが、最近飲む日焼け止めというものが脚光を浴びています。様々なメディアで取り上げられ、モデルや女優が使用していることから知名度が一気に上がりました。飲む日焼け止めの効果、それは紫外線による細胞へのダメージを軽減することです。紫外線を浴びることでシミができたりしわが増えたり様々な肌トラブルが起こりますが、このダメージを軽減する効果が期待できるのが飲む日焼け止めなんです。ちなみに塗る日焼け止めの場合、紫外線が肌に届くことを防ぐのが目的ですので、飲むタイプとは効果が異なってきます。塗るタイプの場合はSPFやPAをカットできますが、飲む日焼け止めは、紫外線を浴びた細胞へのダメージを軽減するだけですので、紫外線をカットする機能は持ち合わせていないことを認識しておきましょう。

気になる副作用や効果的な飲み方について

飲む日焼け止めは天然由来成分を使用している商品がほとんどですので、特に副作用などないことが特徴と言えます。妊娠中や授乳中以外の方は誰でも飲むことができるでしょう。また、効果的な飲み方ですが、外に出る30分前には飲んでおきましょう。また、紫外線が特に強い場所に行く場合は追加で飲んでおくことがお勧めです。飲む日焼け止めだけでは不安な方は塗る日焼け止めも併用することが一番です。飲む日焼け止めは基本的に紫外線が肌に届くことをブロックする機能はありませんので、より確実に日焼けしないためには塗る日焼け止めも必要です。

品川美容外科の判例について詳しく

You may also like...